FANDOM



2015年、前後篇2部作にて公開された。PG12指定。 8月1日に公開された前篇タイトルは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、9月19日に公開される後篇タイトルは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(正式タイトルは同年4月17日に公開された)。 監督は樋口真嗣。脚本は映画評論家の町山智浩と、実写映画版『GANTZ』を手がけた渡辺雄介が共同担当した。

制作略史編集

2011年10月13日に、2013年秋の公開を予定した実写映画化が発表された。同年12月8日には、『下妻物語』や『嫌われ松子の一生』などで知られる中島哲也が監督、川村元気・石田雄治の両プロデューサーが制作、そして東宝が配給を担当することも発表された。この監督就任は中島側からのオファーであり、2010年12月1日から原作者・諫山創などとの話し合いを重ねていたというが、約1年後の2012年12月13日に中島の監督降板が明らかとなり、公開も2014年へ延期された。 その後、2013年12月4日に現行の制作体制が東宝より発表された。 2014年1月24日、最初の公式プロモーションとして巨人が登場する映像が初公開された。2014年4月3日に三浦主演とスタッフの発表が行われた。この時点では三浦の役名は発表されていない。映画のストーリーは原作の諫山監修により、原作をベースにオリジナルの要素を加えたものとなる。また、キャラクターデザインを貞本義行ほかが担当する。同年7月30日には三浦以外のメインキャスト陣も公開された(この時点でも役名など詳細は未発表。正式な役名は同年11月20日に発表された)。 撮影は2014年5月より同年8月にかけて長崎県の端島(通称・軍艦島)を始め熊本県・茨城県ほかでロケーションが行われた。 2015年5月26日、主題歌として「SEKAI NO OWARI」の書き下ろし曲2曲が使われることが明らかになる。 2015年6月23日、4D版(MX4D、4DX)、D-BOX、IMAXでの公開が発表された。3D映像はないものの、4種類の方式で上映されるのは邦画初のことである。 2015年8月1日、前編が公開された。それと同時に、端役キャストが判明した。

トレイラー編集

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』プロモーション映像03:15

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』プロモーション映像

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」予告01:33

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」予告

キャスト編集

前後篇共通編集

前篇のみ編集

  • フクシ - 渡部秀
  • ヒアナ - 水崎綾女
  • リル - 武田梨奈
  • ユノヒラ - 神尾佑
  • 高橋みなみ(AKB48)
  • 諏訪太朗
  • 橋本じゅん
  • 仁科貴
  • 原知佐子
  • 長島☆自演乙☆雄一郎
  • 村木よし子

後篇のみ編集

  • エレンの父(グリシャ) - 草彅剛
  • エレンの母(カルラ) - 緒川たまき
  • 猪鼻ちひろ
  • 八木さおり
  • 犬童一心
  • 上野耕路

スタッフ編集

  • 監督 - 樋口真嗣
  • 脚本 - 渡辺雄介、町山智浩
  • キャラクターデザイン - 貞本義行、竹谷隆之、田島光二
  • 音楽 - 鷺巣詩郎
  • 特撮監督 - 尾上克郎
  • 撮影 - 江原祥二
  • 照明 - 杉本崇
  • 美術 - 清水剛
  • 編集 - 石田雄介
  • 扮装総括 - 柘植伊佐夫
  • 衣装デザイン - 三田真一
  • 装飾 - 高橋光
  • 特殊造形プロデューサー - 西村喜廣
  • VFXスーパーバイザー - 佐藤敦紀、ツジノミナミ
  • スタント・コーディネーター - 田渕景也
  • 助監督 - 足立公良
  • 編集 - 石田雄介
  • 製作 - 市川南、鈴木伸育
  • 共同製作 - 中村理一郎、原田知明、堀義貴、岩田天植、弓矢政法、髙橋誠、松田陽三、宮田謙一、吉川英作、宮本直人、千代勝美
  • エグゼクティブプロデューサー - 山内章弘
  • プロデューサー - 佐藤善宏
  • ラインプロデューサー - 森賢正
  • テクニカルプロデューサー - 大屋哲男
  • 宣伝プロデューサー - 江上智彦
  • 音楽プロデューサー - 北原京子
  • プロダクション統括 - 佐藤毅、城戸史朗
  • 製作プロダクション - 東宝映画
  • 配給 - 東宝
  • 製作 - 映画「進撃の巨人」製作委員会(東宝、講談社、電通、アミューズ、ホリプロ、博報堂DYメディアパートナーズ、ジェイアール東日本企画、KDDI、読売新聞社、朝日新聞社、日本出版販売、GYAO!、TOKYO FM)

主題歌編集

「ANTI-HERO」(前篇)
 作詞 - Fukase / 作曲 - Nakajin / プロデュース - ダン・ザ・オートメーター / 歌 - SEKAI NO OWARI
「SOS」(後篇)
 作詞 - Saori / 作曲 - Fukase / プロデュース - ケン・トーマス / 歌 - SEKAI NO OWARI
SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」03:32

SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」

SEKAI NO OWARI「SOS」05:24

SEKAI NO OWARI「SOS」

イメージギャラリー編集

キービジュアル編集

ポスター編集

スピンオフドラマ編集

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』はdTVにて2015年8月15日より配信された実写スピンオフドラマ。映画本編のキャラクターたちに加え、オリジナルキャラクター・イズル(演 - 平岡祐太)を加えた面々が出演する。製作陣は実写映画版と同じく総監督は樋口真嗣である。本ドラマ内では主演はハンジ役の石原さとみとなり、ハンジを中心としたドラマ構成となっている。また、実写映画に登場しなかったソニーとビーンによる巨人研究や立体起動装置の研究過程なども描かれている。また、回を進めるごとにサシャの生い立ちやリルとフクシの出会いなども描かれており、実写映画版との連動が図られている。

放送回 配信日 サブタイトル 発表時仮題 監督
第1回 8月15日 反撃の幕開け ハンジ編 足立公良
第2回 8月15日 希望の弓矢 サシャ編 尾上克郎
第3回 8月15日 自由への旅立ち フクシ・リル編 西村善廣

主題歌編集

反撃の刃
 作詞 - 町屋 / 作曲 - 町屋 / 歌 - 和楽器バンド
和楽器バンド 「反撃の刃」MUSIC VIDEO Short Ver03:09

和楽器バンド 「反撃の刃」MUSIC VIDEO Short Ver./Wagakki Band "Hangekino Yaiba"

関連商品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki