FANDOM


巨人(きょじん、Titan)とは漫画『進撃の巨人』およびそれを原作とする関連作品に登場する架空のキャラクター。

概要編集

確認することのできる最古の記録によると、743年頃(作品における年代)に出現し、人類の大半を食べ尽くしたとされる謎の存在である。

特徴編集

外見編集

大きさや外見は個体によって差があり、大半は3〜15mだが、大きいものでは60m級の超大型巨人も存在する。ほとんどが人間の男性のような見た目をしているが、稀に女性のような個体も存在する。中には人間の容姿からかけはなれた、猿のような個体や、手足が異常に長い個体なども存在する。表情も笑顔、無表情など様々ではあるが、これも個体差によるもので、笑顔の巨人は何をしている時も笑顔のままと表情が固定されているものがほとんどである。また、身体は蒸気があがるほどの高温を発している。

人類は大きさによって目測で「3メートル級」「15メートル級」といった分類をしている。

行動編集

ほとんどの巨人は複数の群れをなして行動する。基本的には動きは鈍いが、人間を前にすると走るなどの俊敏な動きをする個体も多い。また、夜間は活動が鈍くなる。

捕食編集

人間を食べることを行動原理としており、人間を見つけると見境なく捕食しようするが人間以外の生物には興味を示さない。しかし、100年以上捕食できない環境下でも生存し続けていることや、捕食したほとんどの人間は未消化のまま吐き出されることから栄養補給ではなく殺戮が主な目的と推測されている。一方で「人間を喰らうという行動の結果、死なせてしまう」のであって、「人間を食殺以外の方法で殺そうとする行動はとらない」とも言われている。

弱点編集

巨人 弱点.jpg

驚異的な生命力を持ち、頭部を含む体のあらゆる部分を欠損しても数分で再生してしまう。しかし、後頭部からうなじにかけて縦1m、幅10cmの部分が唯一の弱点とされており、この範囲を激しく損傷すると再生することなく即死し、気化するように消滅する。

奇行種編集

視界内に人間がいても無視する、障害物をものともせず直進を続けるなど、通常種とは別に特異な行動を取る巨人を奇行種と呼ぶ。

巨人化能力者編集

この節は重大なネタバレを含むため巨人化能力者の項目を参照してください。

主な巨人編集

※記載外の巨人は巨人化能力者の項目に記載(ネタバレを含みます)

  • ソニーとビーン
被験体として調査兵団が捕獲し、ハンジ が命名した2体の巨人。それぞれ7m級と4m級の個体。ハンジの被験体として、様々な実験に利用された結果、ソニーは元気な性格、ビーンは内向的で自己表現が苦手ということが判明した。両個体ともに何者かによって殺害される。
  • 幻の巨人
ウォール・シーナの壁内に埋没する巨人。
  • カルラを捕食した巨人
ここに簡単な解説を入れてください。
  • ラガコ村の巨人
ラガコ村でコニー の生家に倒れていた巨人。手足が極端に細く自力で起き上がれないため、どのようにしてそこに出現したのかが定かではない。その場所から離れようとしたコニーに対してとある言葉を発する。
  • イルゼが遭遇した巨人
ここに簡単な解説を入れてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki